心臓の血管が狭くなる病気

狭心症は心臓の冠動脈という血管が何らかの原因によって狭くなってしまう症状のことを指しております。
このような状態になってしまうと、心筋へと送られる血液が正常時よりも不足した状態になってしまい、心筋が酸欠状態なってしまうのです。
狭心症の症状としては、心筋が酸欠状態になることによる心臓の痛みが大きな部分で、原因としては冠動脈が動脈硬化に陥ることによって発生するものが多いとされております。

しかし、これ以外にも可能性がないわけではありませんので、必ず動脈硬化が原因と決め付けてしまうのには注意が必要でしょう。
さらに、狭心症といっても全てが同じ症状というわけではなく、いくつかのタイプに分けることができますので、それぞれの特徴をしっかりと把握しておくことも大切になってきます。

狭心症の種類について

狭心症の種類にはいくつかあって、まず労作性狭心症というものがあります。
こちらの症状は何らかの軽い運動をした際に胸が締め付けられるように痛くなってしまうというような自覚症状から気づくことが多いです。
軽い運動には階段を上がったりするのも含まれますし、少し重い物を持ち上げる場合もこれに該当するといえるでしょう。

注意が必要な部分としては、痛みの継続時間が短いという部分で、このため初期のうちは見逃してしまう人が多いというものです。
知らず知らずのうちに重大な症状に繋がっていく可能性もありますので、ちょっとした胸の痛みを見逃さないことも重要になってくるのです。

さらに、必ずしも運動をした時に自覚症状を感じるのが狭心症ではなく、場合によっては制止時に自覚症状を感じるタイプのものもあります。
それが、安静時狭心症といわれるもので、夜寝ている時などに突然胸が苦しく押さえつけられたようになるという症状があります。
また、明け方目が覚めるといきなり胸が押さえつけられたようになる場合にもこれらの症状の注意が必要になってきます。

また、これらの症状が合わさったタイプのものもあり、それが不安定狭心症というもので、これまでのタイプは制止時もしくは、運動時に感じる症状というものでしたが、こちらはそれらが合わさって発生するタイプのものになっております。
治療法については、症状の度合いによっても違うのですが、薬物療法で十分に対応することができる場合も多いので、やはり早期に発見して早期に診察を受けることが重要になってくるのではないでしょうか。
さらに、カテーテル治療が用いられることもありますし、重度の場合にはバイパス手術が用いられることもあって、薬物治療、カテーテル治療共に効果が見られなかったり、利用できない状況の場合に用いられます。

Comments are closed.

Next Post
»