私の体験談も書かせていただきましたが、不整脈と言うのは「きちんとした治療方法をとれば、きちんと治すことができる症状」です。「不整脈」と聞いて、「治るの?」とか「悪化したら怖い」などと言う印象を持ってしまった人もいるかもしれません。でも、そういう人に私は言いたい。

悪化したら、どんな病気だって怖いのです。どんな病気だって、しんどいのです。

でも、それらの病気って何かの方法で症状を軽くしたり、治したりということができますよね。不整脈だって同じなのです。きちんと方法さえ選べば、怖くありません。きちんと治療方法があるのですから。

 

これは、私の知人の体験談です。

不整脈に気付き、なんだか体の調子もおかしいので、病院を受診しました。

友人が訪れたのは、内科。かかりつけ医がいるということで、最初は内科での治療を望んだそうです。

でも、そこでもらった薬が利きが悪かったので、別の知人の紹介で「循環器科」を訪れたそう。

そこで検査を行い、やはり不整脈であったということで、しっかりと対策をすることにしました。そこで薬をもらい、意思の指示通りにしてみたところ、不整脈はきちんと治ったそう。

もちろん、今回は治りましたが、次はどうなるかわかりません。だけど確実なのは「不整脈だって、きちんとした方法を実践していけば、必ず治すことができる」と言うことです。

 

正直言って、変に怖がって「病院にいかない」「なんの手段も講じない」というのが一番怖いです。

不整脈のほとんどは「身体に無害なものである」と言われていますが、もしかしたら悪さをするものもあるかもしれませんよね。その酔うな可能性を考えれば、決して放置の様なことはできないはずなのです。

病院に行くことを「怖い」と感じるかもしれませんが、まずはクリニックを受診して、自分の不整脈がどんなものかを知ってもらうことが重要だと思います。不整脈がどんなものなのかを診断してもらうというのは、すべての治療のキーワードになるものですので、きちんと対応をしていきましょう。

私の様に、漢方の様なもので良くなることもありますので、あまり悲観せず、のんびりとした気持ちで向かい合ってほしいと思います。あまり深刻に考えすぎると、ストレスから別の症状が出てきてしまう可能性もあり、これはこれでとても危険なことになってしまいます。

ぜひ、きちんとした治療を受けてみて下さい。

原因さえわかれば、きちんと不整脈を治療することができるはずです。

Comments are closed.