●命に係わることもあるエコノミークラス症候群
新潟中越地震で女性が亡くなったことが報道され、日本でもエコノミークラス症候群は幅広く知られるようになりました。
エコノミークラス症候群というと、まるで飛行機に乗っているひとだけがなりそうなものですが、こうして震災の被災者がエコノミークラス症候群に倒れることで、「飛行機に乗っている人だけがなるものではない」ということが周知されてきています。
震災の中で助かった命が、エコノミークラス症候群のようなものでまた失われてしまう。これは本当に悲しく、辛いことです。日本では、その後にも東日本大震災などの大きな震災が起きており、避難生活をしなければならなくなる人も出てくるかもしれません。
その時にエコノミークラス症候群になる人がでてこないように、私たちは「自衛」の方法を学んでおかなければなりません。同じ悲しみが繰り返されないように、十分に気を付けていかなければならないのです。
参考サイト:くすりの窓

●エコノミークラス症候群の症状は
まずエコノミークラス症候群の症状ですが、「足がむくんでくる、それも片足のみ」という症状があります。
(参考サイト:くすりの窓)
また、痛みを訴えるケースも少なくありません。
この時点で気が付くことがありますが、そればかりではありません。時間が経過するごとに症状が出てくるというケースもあり、エコノミークラス症候群の症状の出方はひとつでは語れません。
これが重症化すると、足に血が貯まる様になってきます。この様に足に血がたまってしまうと、立ち上がった時にせき止められていた血液が一気にまわるようになり、肺に詰まってしまいます。これで息がつまるというのがエコノミークラス症候群の症状になります。

●エコノミークラス症候群を防ぐには
まず、エコノミークラス症候群を防ぐためには「座りっぱなしになるのではなく、定期的にたって歩く」などのことが効果的。座りっぱなしにならないような工夫をしていきましょう。
これだけでも、色々なことが違ってきます。
座っているときも「足をくまない」などの対応をすることも必要です。
また、水分をきちんととること。
こういった工夫をして、エコノミークラス症候群にならないように心掛けていくことが、実際の症状を減らすことにもつながっていくはずです。

エコノミークラス症候群の怖さをきちんと知り、そしてきちんと対策をとっていくということが、エコノミークラス症候群を遠ざけることになるはず。日常生活の中でも、意識してみて下さい。

※病気に関する知識は、必ず公式サイトでご確認下さい。

Comments are closed.

Next Post
»