●夏と不整脈って関係あるの?
夏の暑さが不整脈と関係があるということについて、聞いたことはありませんか?
「夏の暑さ」というのは、私たちの体に思った以上の負担をかけています。
例えば、脱水症状が起きやすいのは夏ですよね。
意識しないうちに体から水分が足りなくなり、脱水症状が起きてしまうということがあります。それだけ、夏の暑さと言うのは体に大きな負担をかけているということです。

また、暑さは体温を上げることも知られおり、それが体の中にある臓器たちに負担をかけてしまうということも解っているそう。
暑いと脈拍が速くなることってありませんか?これも、体に負担がかかっているということになります。
また、不整脈と言うのは狭心症などの病気に影響を及ぼすことが解っており、さらに不整脈が起きやすくなるということも解っているそうです。
参考サイト:夏の暑さと心臓病

●脱水症状が進むと、いろいろな症状が誘発されやすくなる
また、脱水症状が進むことで色々な症状が出やすくなることも解っています。
脱水症状になるということは、体の中の水分が足りなくなってしまうということ。
これが続くと、体の中に血栓ができてしまうきっかけにもなりますので注意しなければなりません。
血栓ができてしまうことで、私たちの体では血管が詰まってしまうなどの症状が起きてしまうかもしれません。
脱水症状が夏の暑さで起きやすくなることを考えれば、夏の暑さは命にかかわる病気を引き起こす可能性があると言えるのかもしれません。

●夏の暑さで不整脈が悪化することもある
また、夏の暑さで不整脈が悪化することもあるので、このことも頭に入れておかなければなりません。
すべてのケースと言うわけではありませんが、「心房細動」という病気では影響がでることも解っていますので、気を付けなければなりません。

まず、自分の病気についてきちんと学ぶこと。
医師から説明を受けて、「ダメと言われたことはしないこと」などが大事です。
また、注意点に関してはきちんと事前に説明を受け、自分で気を付けると言ったようなことも必要です。
いくら医師が適切な指示を出しても、いくらアドバイスをしても、本人がいうことを聞かなければその治療が正しくいくはずもありません。
中には自分が我慢しなければならないことも出てきますが、それも治療のためと考え「きちんと注意事項を守って行動をする」というということを忘れないでください。
病気が進行すれば、それだけ治療も大変になってしまいます。
自分の体を大切にするためにも、医師の言うことをきちんと聞いて「治療をする」ということを心がけてほしいと思います。

※病気に関することは、必ず病気の公式サイトなどでご確認下さい。

Comments are closed.

Previous Post
«