●電車に乗るのを不安に思わないで!

ペースメーカーを使っていると、電車に乗るのが怖いと言われていた時代がありました。

なぜなら、ペースメーカーは携帯電話の電波に弱い言われ、「ペースメーカーを使っている人の近くで携帯電話を使わないように」などと言われていたからです。

電車や新肝炎の中だと、「携帯電話の電源を切る様に」などといわれていたことがありますよね。これは、ペースメーカーを意識していたものなのです。おそらく、一度はこの「公共機関で携帯電話を使わないように」と聞いたことがあるはずです。でも、一歩外に出たらそんなことはいっていられません。家族がどんなに配慮をしてくれたとしても、外に出れば誰が携帯電話を使っているか解りませんから、「怖くて外に出られない」という人が多かったのです。どんなに注意をしても、電車の中で携帯電話を使う人は減りません。

そう考えると、ペースメーカーを付けている人が「怖くて外に出られない」という気持ちは解らないでもないですよね。でも、安心してください。今はペースメーカーをつけていても、安心して外に出ることができます。

 

●今のペースメーカーはとっても安全!

携帯電話どころか、パソコンやスマホ、タブレットを持っている人が多い現代では、電波に気を付けてと言っても無駄です。

そう考えると、ペースメーカーをつけたまま外出をすることはいいのか?と考えてしまう人がいるかもしれません。以前は、確かに「ペースメーカーを付けている人と携帯電話を持っている人の距離は、22センチ以上あけることが望ましい」とされていましたが、実はそれペースメーカーが誤作動したというケースは一度もないそうなのです。そういえば、そういうニュースが報道されたことってありませんよね。

さらに、いまのペースメーカーはかなり精度がよくなっていますし、現在の携帯電話やスマホの電波はペースメーカーに影響を与えるような電波は発していません。だから、電波の影響を受けにくくなっているのです。

このことから、距離も22センチから15センチに変わり安全性がたかくなったことを証明しています。

 

●でも、公共機関での電源オフはマナーですよね

しかし、公共機関での電源オフはやはりマナーですよね。電車は静かに利用するのが基本ですから、きちんと電源をきって静かに利用したいものです。またそれだけでなく、やはり「携帯電話の通話をしている人がいると不安だ」という人も多いので、多くの公共機関ではまだまだ「電源を切ってください」という旨の放送はしていくととだということです。いつか、誰にも何も言われなくても、自然と電源をきれるような社会になるといいですね。

 

 

 

Comments are closed.