●不整脈になったら、運動療法をしましょう。

不整脈になったら、やはりペースメーカーや薬を利用して治療をしていくことになります。

でも、これらのものに頼るだけではなく「日常生活の中で生活を改善しながら、不整脈を治療していくことが必要になるのではないでしょうか。もちろん、ペースメーカーや薬を使って不整脈を抑えることが大切なことだと思いますが、人間の生活の基本は「食事」です。食事をバランスよくとることで、健康を守ることができるといっても過言ではないでしょう。

では、不整脈になったらどんな食事療法をする必要があるのでしょうか?

ぜひ、ペースメーカーや薬に頼りすぎない不整脈の治療をしていきましょう。

 

●食事で不整脈を改善する方法って?

 

まず、「基本はバランスのいい食事をこころがけること」だと思って下さい。

不整脈に良い食事というものもありますが、そればかりを食べてしまうと体のバランスが悪くなり、またべつの健康を損なうことになりますので、「不整脈改善のために、バランスのいい食事」はかかせません。

偏りのない食事を心がけ、間食は避けることが重要です。

しかし、食事の面であまりにもストレスをためこんでしまうのも良くないですから、「楽しみながら食べる」ということも少しずつやっていくこと。不整脈はストレスをためることもよくありませんので、いかにしてそのストレスを軽減するかを考えてみて下さい。

 

○自律神経の安定を

不整脈の原因のひとつに「自律神経のバランスが崩れてしまう」というものがあります。

自律神経は、脳から正しい命令を出すことができるようにしている機能ですが、その自律神経に何らかの異常があると、脳は正しい信号をおくれなくなってしまいます。その結果、不整脈につながるケースもありますので、やはり「自律神経の安定を考えて行動する」ということは必要なことになるのではないでしょうか。

自律神経を整えるために良い食べ物は、玄米やゴマ、海藻など。これらをシンプルな味付けで楽しんでみることをおすすめします。いろいろなレシピを参照して、できるだけバランスよく食べることができる様に工夫をしてみて下さい。

 

他にも、血液を綺麗にするためいハトムギを食べるなど、色々n改善方法があります。

ただし、一つの方法だけに依存するのではなく「いろいろな方法にチャレンジすること」が大事ですので、ぜひチャレンジをしてみてえ下さいね。バランスのいい食生活と、バランスのいい食事が大切です。

 

Comments are closed.