●不整脈は大人だけじゃない

「大人の病気」と言われがちの不整脈ですが、実は子供にも多いと言われている症状です。

もちろん、大人に比べて数はずっと少ないですが、子供だって不整脈になってしまう可能性はあるのです。

難しいのは、子供というのは言いたいことを口で上手にいう事ができないので、大人にいえないうちにどんどん症状が悪化してしまう可能性があるということ。

だからこそ、大人が子どものサインを見逃さず、きちんと見てあげることが必要なのです。

子供は、口にすることはむずかしくても動作で親に気持ちを訴えますから、その気持ちを大人がしっかりと受け止めてあげることが必要になるのです。

 

●「胸が痛い」と言ったら

子供が「胸が痛い」と言ったり、頻繁に胸に手をあてるような動作を繰り返す場合、もしかしたらそれば病気の前触れかもしれません。考えたくありませんが、それが子供のSOSになっている可能性があります。

もし、子供が「胸の痛みを訴える」ということがあれば。きちんと対応をしてあげる必要があります。できれば病院に行き、何ともないかどうかを見てあげるといいでしょう。何もなければそれでいいのですから、早めに病院にいって検査を受けましょう。

子供の場合で不整脈が考えられる病気と言えばいくつか例がありますが、たとえば心臓の病気である可能性があります。肺高血圧や大動脈瘤は子供にもある病気ですから、それがないかどうかを調べるのは大事ですね。

また、乳腺の疾患である可能性もすてきれませんので、あらゆる可能性を考えて動いてみて下さい。

 

○子供の「胸が痛い」の原因

子供でも不整脈になることがあるのは確かですが、もちろん「他に原因があり、その原因によって胸が痛い」といっている可能性にも注目をしなければなりません。

たとえば、小さい子供だと精神的なものから不整脈につながっている可能性というのは非常に大きいです。

心因性のh性脈というのは解りにくいですし、原因を特定することも難しくなってしまいますので、どうしても発見が遅れます。また子供の中には自分で我慢をしてしまう子もいますので、大人がある程度くみとって情お鯛を見てあげることも必要ですね。大人の不整脈がそうであるように、子供の不整脈についてもある程度は「ストレス」が関係している可能性がありますので、その可能性を踏まえながら行動をしていくというのは大切なことではないでしょうか。ぜひ、子供の様子に注意をはらってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.