では、不整脈とはどんなメカニズムでおきるのでしょう。
不整脈について知るなら、まずはそのメカニズムについて勉強しなくてはなりません。

不整脈は、体の中にある「信号」が狂うことで、起きてしまう病気。
心臓は一定の速さで動いているということを記述しましたが、その心臓の早さと、脈の速さというのは同じですよね。
この速さを一定に保つように働きかけを行っているのは、体内に存在する電気です。
この電気は、「洞結節」というところから発生していて、この電気が正しく働くことにより、鼓動と脈は一定の速さでもって打つことができる様になります。

しかし、何らかの理由でこの電気に異常が出てしまうと、正しい速度で鼓動が打てません。
その結果、「不整脈」という症状が起きてしまうのです。
具体的にいうと、洞結節から出るはずの電気がまったく違うところから出てしまうこと、なぜか電気が発生しないことなどが、不整脈の原因になっているのです。

・種類について
まず、不整脈には3つの種類がありますので、その種類について記述をしたいと思います。
まず、徐脈。
これは、脈が遅くなるタイプの不整脈になります。
心臓の電気が起きない、もしくはおきたとしても正しくない状態だと、この「徐脈」が起きる可能性がありますので、注意が必要になるでしょう。

そして、頻脈。
これは、徐脈とは逆に、鼓動が早くなりすぎる状態のことを指します。
電気がおきない為にでるのが徐脈なら、電気が多きすぎておきるのが頻脈。
パワーがありすぎる為におきるもの、と言えば解りやすいでしょうか。

最後に、期外収縮。
これは、電気が速く出すぎる為に起きる症状と言われています。
もしくは、本来出るべき場所ではなく、別の場所から電気が出てしまうこと。
この期外収縮には、2種類の可能性があります。
心室から電気が出てしまう場合→心室性期外収縮
心房から電気が出てしまう場合→心房性期外収縮

また、徐脈と頻脈でも、それぞれいくつかの種類がありますので、自分がどの種類の不整脈なのかは、調べてみなければ解りません。

いずれにせよ、不整脈と診断された場合は、精密検査をして原因の特定を行います。

病的なものが原因で不整脈が起こると言われてはいますが、生理的なもので起きることもあります。
分かりやすいとしたら、緊張している時とリラックスしている時。この場合では脈の速さは変わりますよね。
この場合は病気ではありませんので、安心して大丈夫です。

どのような理由で起こっているのか、自然なものなのかそうでないものなのかを特定することが、不整脈の治療では大切なものになるでしょう。

Comments are closed.

Next Post
»